転職したいけどスキルがない30代がやるべきこととは?転職を成功させるコツ

転職したいけどスキルがなくて不安に思っている30代の人は多いと思いますが、コツを押さえれば転職は可能です。スキルがない状態で転職する場合のリスクや、転職活動時にやるべきことについて解説します。

スキルがない30代でも転職はできる?

多くの人は、「転職するためにはスキルが欠かせない」と考えていると思います。そのため、「今の仕事を辞めたいけど、スキルがなく転職できるかどうか不安」…という悩みを抱えている30代の人は少なくないのではないでしょうか?しかし結論からいうと、スキルがない30代でも転職することは可能です

 

ただし、20代と比べた場合、30代の転職は厳しいものとなると思っておいたほうがよさそうです。なぜなら、転職においてスキルが必要かどうか、必要な場合どのくらいのスキルがあると採用されやすいかは、年代によって異なり、20代よりも30代の転職者のほうが、より高いスキルがもとめられる傾向があるからです。

 

というのも、30代は社会人としての実務経験が10年ほどあるとみなされ、即戦力になることを期待されるのが一般的です。いろいろな点において、相応のレベルのはたらきが要求されるだけでなく、近い将来、管理職のポストにつくことも期待されるため、20代の転職者には要求されることがあまりない、マネジメント力があるかどうかも問われることになります。

 

以上のような理由から、成長を見越して採用されることも多い20代に比べると、スキルがない30代には転職しづらい状況があるといえるでしょう。

 

しかし、スキルがない30代だからといって転職をあきらめる必要はありません。まずはスキルがない30代が転職する場合のリスクを知ったうえで、どのように対策をすればよいかをみていきましょう。

 

スキルがない30代が転職する場合のリスクを知っておこう

スキルがない30代が転職しようとすると、どんなリスクがあるのでしょうか。あとになって「やっぱり元の職場にいたほうがよかった」と思うことがないように、スキルなしで30代が転職するとどのようなことが起こるか、知っておいたほうがよいでしょう。把握しておくべきリスクをピックアップするので、ぜひチェックしてみてください。

 

年収が下がる覚悟をしておく

スキルがない30代とくに30代後半で転職しようとする場合、元の仕事よりも収入が下がってしまう可能性があることを覚えておきましょう。本来、30代後半というと、継続して同じ会社に勤務している場合、実務経験が評価され、収入が上がっていくタイミングです。ところが、転職して収入をアップさせる、ないしは現状維持とするには、ハイキャリア求人に応募する必要があります。

 

しかし、ハイキャリア求人には当然のことながらスキルがもとめられるのが一般的です。スキルがない30代は応募資格がない場合がほとんどと考えられ、転職が成功する可能性はとても低いと思ったほうがよいでしょう。

 

しかも、30代後半になると応募可能なハイキャリア求人の絶対数も減ってきます。以上のことから、スキルがない30代後半が転職しようとする場合、収入が下がってしまうケースが多いということになります。

 

上司が年下になるケースがあることを覚悟しておく

年齢が20代でも30代でも、転職した先では新入社員であることにかわりはありません。そのため、スキルの有無には関係ありませんが、30代で転職すると、転職先で上司が自分よりも年下になる可能性があります。

 

前職では年上の上司がいて、年下の部下がいたという人が多いのではないでしょうか?10年前後、業務に従事していたケースが多いはずなので、業界や業務に関する知識があり、それにともなって、プライドや自信もあるだろうと思います。

 

そのため、転職先で年下の上司がもしも高圧的な態度で接してきた場合、反発したくなる気持ちが生じてしまうかもしれません。しかし、そこでもとめられるのが、謙虚な姿勢です。

 

年下だからといって、上司の指導を素直に聞き入れられないとなると、職場の空気は当然のことながらぎくしゃくしてしまいます。そうなれば仕事がスムーズには進まなくなります。前職で得たものはいったんリセットし、あくまで新入社員として、自分を取り巻く状況を受け入れようとする努力をしましょう。

 

新しい企業カルチャーや社風になじめない可能性

心機一転、新しい気持ちで新しい仕事をはじめようと思った矢先、あまりの社風の違いに戸惑って出鼻をくじかれる、という可能性も否定できません。条件面でまったく問題がなかったとしても、職場の雰囲気は求人の募集要項ではわかりにくいものです。

 

「転職先に極度の年功序列の考えがある」「体育会系気質があってどうにもなじめない」…社内の雰囲気やカルチャーなど、実際にはたらきはじめてみてみないとわからないことが少なくありません。前の職場と転職先とで、社風の違いがあまりに大きすぎる場合、仕事をやりづらいと感じ、本来のパフォーマンスを発揮できないとも限りません。

 

転職エージェントを活用することで、社内の雰囲気などをある程度事前に知ることができます。気になる場合は、ぜひ利用してみるとよいでしょう。

 

スキルがない30代が転職するためにやるべきこととは?

スキルがない30代が転職する際、覚悟すべきことについてお話しましたが、何度も繰り返すように、スキルがない30代でも転職することは可能ですここからは、どちらかというと不利な状況とはいえ、スキルがない30代が転職を成功させるためのコツについてご紹介します。

 

未経験でも採用されやすい業種に絞る

まずスキルがない30代が心がけるべきポイントは、スキルがなくても採用されやすい職種や業種に絞って転職活動をすることです。スキルがない30代でも採用されやすい職種は以下の通りです。

 

・営業

・販売

・事務

 

上記の職種に絞って転職活動を行えば、比較的成功しやすいといえるでしょう。その理由としては、まずどの職種も人手不足が常態化していることがあげられます。また、いずれも資格がもとめられることもなく、経験や学歴が問われることもあまりありません。

 

また、営業や販売の仕事のなかには、30代を主なターゲットにした商品やサービスを取り扱っている企業が少なくありません。そうした企業では、ターゲットと行動指針や消費行動が似ている同じ年齢層の社員を積極的に採用する傾向があると推測できます。

 

事務については、コミュニケーションスキルやPCスキル、作業の正確性、作業スピード、スケジュール管理能力など、相応のレベルがもとめられますが、ハイキャリア求人に比べればハードルは低めです。スキルがない30代でも比較的容易に転職することが可能と思われます。

 

スキルがない30代でも採用されやすい業界があります。それは…

 

・IT業界

 

経済産業省が発表した「IT 人材需給に関する調査」によると、2021年時点でおよそ31万人の人手が不足していて、2030年にはおよそ45万人の人手が不足すると見込まれています。 IT業界の成長ぶりにはめざましいものがあります。成長産業では人手が不足しがちになるのは当然のこと。スキルがない30代でも転職するチャンスは大いにあるといえるでしょう。

 

参考:IT 人材需給に関する調査(経済産業省)

 

経験のある業界に絞る

スキルがない30代の転職を成功させるふたつ目の方法は、いま勤めている会社と同じ業界に絞って転職活動をすることです。多少なりともこれまでの経験を活かすことができるだけでなく、取引先が前の会社でも取引のあった会社であるケースもあるかもしれないうえ、仕事の内容が似ていて取り組みやすいなどのメリットが期待できます。

本人はスキルがないと思っていても、転職先から業界経験者とみなされ、だいたい

の仕事の流れを知っているとの判断から、採用されやすくなることは十分に考えられます。

 

契約社員から正社員を目指す

正社員登用制度のある企業で、まずは契約社員から始めるという手もあります。はじめは正社員でなくても、やがてはたらきが認められて登用試験を受け、正社員を目指すことは十分に可能です。まずは転職のハードルを下げ、「契約社員でもいいから働きたい」と思える会社にあたってみてはいかがでしょうか。

 

離職せずに業務と並行しながら転職活動に励む

スキルがない30代の転職活動は長期戦になる可能性が高いと予想できます。そのため、いまの職場を安易にやめることはおすすめできません。離職してから転職活動をすると、「早く転職先を決めたい」という思いが強くなるあまり、転職先を決めるうえで妥協してしまいがちになる恐れもあります。

 

妥協できるところは妥協する

いろいろな希望条件があると思いますが、あれもこれもとなると、なかなか転職先は決まらないもの。どうしても譲れない条件だけに絞り、あとは手放す覚悟でいるのがよいでしょう。

 

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用するのもおすすめです。求人を紹介してくれるだけでなく、転職活動の問題点などについて的確なアドバイスをくれたり、面接の練習相手になってくれたり、何かと力になってくれます転職エージェントは、あなたの転職をサポートしてくれる頼れる味方になるはずです。

 

最後に

この記事で説明してきた内容をまとめると以下のとおりです。

 

この記事のポイント・即戦力になることを期待されるものの、スキルがない30代でも転職することは可能

・とは、コンテンツ制作全体を統括する仕事

・年収が下がる可能性、上司が年下になるケースがあること、新しい企業カルチャーや社風になじめない可能性があることを理解しておくべき

・未経験でも採用されやすい業種や経験のある業界に絞ることで転職への道がひらける

・契約社員から正社員を目指すという手も

・離職せずに業務と並行しながら転職活動に励むこと、妥協できるところは妥協すること、転職エージェントを活用することが有利にはたらく

 

スキルがない30代の転職は決して油断できない状況とはいえ、未経験の職種に転職できるケースがないわけではありません。業界・業種をかえたいと思っている30代の人は、早めに行動をおこすのがよいでしょう。紹介したコツを参考にして自分にあった転職先を見つけてください。

無料!エージェントを直接指名して転職を成功させよう

転職を成功させるための秘訣をご存知ですか?
それは、一流の転職エージェントを選ぶことです。みんなのエージェントには多くの転職者から評判のエージェントが勢揃い。
無料で、自分にあったエージェントの提案を受けることができます。評価や口コミを参考にしながら気になるエージェントを探し、まずは気軽に話を聞いてみましょう。

 

 

AUTHOR

この記事を書いた人

みんなのエージェント 編集部

あなたのキャリアを本当に考えてくれるエージェントを見つけることが、転職の第一歩です。 私たち「みんなのエージェント編集部」は、転職エージェント探しのコツから、転職全般にまつわる情報まで、みなさまのお役に立てる情報を届けてまいります。