森慶介との「らしさセッション」を受けた方からの声 VOL.2
本日は、私とのセッションを受けた方々の感想Vol.2をお伝えします。 半年程度の期間、有料でセッションさせていただいた方々のお声ではありますが、私と話すことで何を得られるのかをイメージしやすくなると思い、投稿いたします。
30代/ITコンサルティング会社/執行役員 自分の最も大切なことを認識できたことで、優先順位が決まり、行動に悩みがなくなり、自信を持って行動することができるようになりました。 今までの私は、会社でどうやってバリューを出していくか?会社を通して世の中に何ができるか?を考えていました。でも実際には、これらは自分の本当にやりたいことではなく、やらなきゃいけないこと、考えなきゃいけないことであったため、本当にこれが自分の目標なのか?という疑問が常に付きまとっていました。 セッションを通して、私のやりたいことは、会社でバリューを出すことでも、会社を通して世の中の役に立ちたいわけでも無いとわかりました。私がやりたいことは、色んな人たちの情報発信のプロデュースをすることでした。今では「会社を辞めずに趣味を仕事にしたい人に、その人らしさを最大化するコンサルをすること」が目標になっています。 そして、自分が心から達成したい目標を見つけたものの、いざ目標にむけて行動してみると、同じような活動をしている人がいたり、自分が他の人より劣っているんでは?と思うことがあり、正解がわからないことで、なかなか踏み出せませんでした。考え方を再インストールすることで、「正解がわからない」「他の人より劣っている」と考える自分はいなくなりました。 さらに、今までは周りの人を気にして、失敗したらどうしようと考えることがありました。こういった気持ちから、本当の自分を表に出すことができずにいました。 セッションを通して、目標だったり、仕事のことだったり、いろいろなことをお話ししていく中で、大切な妻と楽しい時間を過ごすことが私の中で一番大切であることを認識できました。
30代/公立高校/理数科教諭 自分が変わったというより、地に足がついたといった感覚です。 セッションを受ける前は専門性を高め、自分の価値を高めるために留学を考えていました。当時は自分の中でそれが「正しい答え」として存在していましたが、本当にやりたいことなのか疑問に思いながらも別の道も示せず、「数年後に留学する」と妻に伝え、英語の学習をしていました。 しかしセッションを受け、それは自分が大切にしたい価値ではなく「成長過程で培われた見せかけの価値」であり、自分以外の誰かが作った価値を生きることだと気づきました。 セッションを繰り返す中で、見せかけの価値はとてつもなく根が深く、そぎ落としたつもりでもセッション毎に削ぎ落とせていない部分に気付き、削いでも削いでも削ぎきれないというのが実感です。確実に言えるのはこの削ぐ作業は一人では出来ず、セッションによって初めて自分の価値を見ようとしたということです。 最終セッションの後に自分の初セッションで書いたアンケートを見直し、これまで削ぎ落として来たものが見えました。ただ、その時の自分が間違っていたというのではなく「何のための学びか」を考えた時に、当時は「自分を守るための学び」だったけれど、今は「自分も含めた他者のための学び」であり、同じ内容を学んでも使い方が違うと思います。
avatar
森 慶介 (もりけいすけ)
(30)
森 慶介 (もりけいすけ)
(30)
1 いいね数0 件のコメント