あなたの仮面は何色ですか?
早速ですが、以下3点ご用意ください。 ①絞ったレモン汁 ②糸 ③綿棒
そして、以下をやってみて下さい。 1 唾を4回飲み込む 2 舌の1点に綿棒の片方の端を当て、20秒間キープ 3 舌の先に、レモンの絞り汁を5滴落とし、唾を飲み込む 4 先ほどと同じ舌の1点に、綿棒の反対側の端を当て、20秒間キープ 5 糸を張り、綿棒がどちらか一方に傾くかどうかを調べる
いかがでしょうか? 綿棒、傾きましたか? 水平だった人。 あなたは多分、外向型です。 レモン汁を垂らした後につけた側に傾いた人。 あなたは多分、内向型です。
1960年代、ドイツの心理学者ハンス・アイゼンクが提唱した理論を元にしています。内向的な人は神経系に違いがあるために、唾液を分泌しやすいのだそうです。 内向的な人は大脳皮質の覚醒レベルが高く、そのために軽い刺激ですぐに不安を感じたり、刺激を過剰に感じたりするそうです。 逆に外向的な人の場合、覚醒レベルが低く、不安のスイッチが入るためには、より多くの刺激を必要なのだそうです。 ・・・いやいやレモン汁とか綿棒とか、いきなり面倒臭いわアホ、というアナタ。 正直で素晴らしい。
そんなアナタは、以下30項目の質問にいくつ当てはまるか、数えてみてもらえませんか? 1.休息が必要なときは、グループで過ごすよりも、自分だけか、二、三人の親しい人と過ごすほうが好ましい 2.プロジェクトに携わるときは、細切れでなく、まとまった長い期間を与えてもらうほうがいい 3.話をする前に予行演習を行うことがよくあり、ときには自分用に原稿をつくる 4.話すより聞くほうが好きだ 5.人から、物静かだ、謎めいている、よそよそしい、冷静だと思われることがある 6.祝い事は、大きなパーティーを開くより、ひとりの人か、数人の親しい友達だけでしたい 7.通常、返事をしたり、話したりする前には、考える時間がほしい 8.たいていの人が気づかないような細かなことに気づく 9.まわりの人が喧嘩をした直後には、緊迫した空気を感じる 10.何かすると言ったら、ほとんどの場合、そのとおり実行する 11.仕事に締切や緊急性があると、不安を感じる 12.あまりに多くのことが同時進行していると、朦朧(もうろう)としてしまう 13.何かに参加するかどうか決めるのは、しばらく見学してからにしたい 14.長期的な人間関係を築くほうだ 15.他人の邪魔をするのは好きでない。邪魔されるのも好きでない 16.たくさんの情報を取り込んだときは、整理するのにしばらく時間がかかる 17.刺激の多すぎる環境は好きではない。世間の人がなぜホラー映画を見にいったり、ジェットコースターに乗ったりするのか、さっぱりわからない 18.匂い、味、食べ物、天候、騒音などに強い反応を示すことがある 19.創造的で想像力に富んでいる。または、そのいずれかである 20.たとえ楽しんだとしても、社交的な催しのあとは消耗してしまう 21.人を紹介するより、紹介されるほうが好きだ 22.人のなかや活動の場に長くいすぎると、不機嫌になることがある 23.新しい環境には、しばしば居心地の悪さを感じる 24.人に家に来てもらうのは好きだが、長居されるのは好きでない 25.折り返しの電話をかけないことがよくある 26.人と会ったり、突然発言を求められたとき、頭が空っぽになることがある 27.ゆっくりと、あるいは、とつとつとしゃべる。疲れているときや、考えながら話そうとしているときは、特にその傾向が強くなる 28.ちょっとした知り合いは、友達とは考えない 29.きちんとしたかたちになるまで、自分の作品やアイデアは他人に披露できないと感じる 30.周囲の人に、自分で思っているより頭がいいと思われて、驚くことがある 続きはnoteでお読み下さい。 https://note.com/keisukemori/n/ne14366acf87c
avatar
森 慶介 (もりけいすけ)
(30)
森 慶介 (もりけいすけ)
(30)
0 いいね数0 件のコメント