あなたは反芻に殺される
お腹をすかせたある男が、お菓子屋さんで七枚の煎餅を買った。 さっそく男は家に戻って煎餅を食べ始めた。 一枚食べ終わったが、お腹はふくれない。 二枚目を食べるが、まだお腹はふくれない。 三枚目、四枚目、五枚目、六枚目と男は次々と煎餅を食べた。 それでも、空腹がおさまらない。 残った煎餅は一枚だ。 あと一枚しかないので、残った煎餅を二つに割って食べることにした。 すると、今度はお腹が一杯になった。 その男は残った半分の煎餅を手に持ちながら、悔しそうに言った。 「半分の煎餅でお腹が一杯になるんだったら、前の六枚は食べなくてもよかった」
そう、思いましたか? ちょっと考えればわかるじゃんアンタ、、、6枚の煎餅食べたから、お腹は膨れているんだよ。ねぇアホなの?、と。 では置き換えてみましょう。 毎日、毎日、努力して、頑張って、なかなかうまくいかない。 1年やって、2年やって、6年続けて、ようやく7年経ち、少し形になる。 あぁもっと早くできたのに、こんな歳になってしまった。自分は少し満たされたけど、何も成し遂げていない。もっと早く気づけていれば、もっと良い人生を送れたのに。どうして自分はこうなんだろう、もっと効率的に学ぶ方法は無かったのか。もっとうまく成長するルートはあったのか。 今からまた、長い時間かけて努力しないとダメだ。追い付かない。 どうでしょうか?
自分が積み重ねたことを無視して、手に入れた結果に満足せず、もっと早くできたのに、もっとうまくやれたのに、と後悔しているあなたはいませんか? しかも、周りから見ると、「十分にできている」のに。 自分だけが、自分を認めていない。 もっと言うと、自分の行った行動を振り返っては、こう思っていませんか? あのとき、あんな空気を読めないことを言わなければよかった。あのとき、率先して行動していればよかった。あのとき、遠慮しなければよかった。あの時はっきり言っておけばよかった。あのとき、お客様に丁寧に対応しておけばよかった。
さてこの記事は、こんな人生を送りたい人に読んでもらいたくて書いています。 「そうそう、自分の強みはこれなんだよね」 「あぁこの感じ、自分らしくて心地いいな」 「うん、自分の居場所がちゃんとある」 そう思いながら、好きな仕事をして、それなりにお金も稼ぐ。 続きはnoteでお読みください^^ https://note.com/keisukemori/n/nfa5959b1b454
avatar
森 慶介 (もりけいすけ)
(30)
森 慶介 (もりけいすけ)
(30)
0 いいね数0 件のコメント