結局、あなたは人の話を聴いていない
一頭のカバが川を渡っているときに自分の片方の目をなくした。 カバは必死になって目を探した。前を見たり、後ろを見たり。右側を見たり、左側を見たり、体の下をみたりしたが、目は見つからない。 川岸にいる鳥や動物たちは「少し休んだほうがいい」と助言した。 しかし、永遠に目を失ってしまうのではないかと恐れたカバは。休むことなく、一心不乱に目を探し続けた。
それでも、やはり見つからず、とうとうカバは疲れはてて、その場に座りこんでしまった カバが動きまわるのをやめると、川は静寂をとり戻した。すると、カバがかき回して濁らせていた水は、泥が沈み、底まで透きとおって見えるようになった。 こうして、カバはなくしてしまった自分の目を見つけることができた。 ・・・・・ カバ、全く助言聞いてませんね。 これ、立ち止まることの大切さを説いてるのですが、私には「いや周りの意見聞けよ」という話に聞こえています。 何でカバは鳥や動物の声を聞かなかったのでしょう? 必死になっているから聞こえてこなかった、とまぁ普通に考えればそうですけどね。 仮に、鳥や動物側にも責任があるとすると何が考えられるでしょう? ・カバが鳥や動物の話を聞くに値しないものとしていた ・鳥や動物の声が小さかった ・普段からカバは話を聞く耳を持っていない ・鳥や動物はいつも煩くアドバイスばかりしている まぁ多分ですね。鳥や動物は、普段からカバの話を聞いていないのですよ。
カバに色々助言をしたり、様々な話をするけど、カバの話を聞いていない。 だから、カバが本当に困って焦った時には、鳥や動物の話など耳に入ってこない。だって、本当の自分の想いや考えを周りはわかっていない、と思ってしまっているから。 あなたは、他人が困っていること、心の中にある想い、本当にわかっていますか? あなた自身が悩んでいること、深いところの本音は、誰にもわからないだろう、と思っていませんか? さてこの記事はこんな方に読んでもらいたくて書いています。 ✔︎ 大人になっても、「やりたいこと」を探していて、好きなことをして生きている人を見ると羨ましくなってしまう方 ✔︎ 世の中には社交的な人や意識高い人が多くて、自分はあんな風にはできないな・・・と思っている内向気質な方 ✔︎ 人生の転機を迎えていて、大事な決断をする前にコーチングを受けてみたいけど、よく分からないから今のところ距離を置いている方 続きはnoteでお読み下さい。 https://note.com/keisukemori/n/n1256e7aa324f
avatar
森 慶介 (もりけいすけ)
(25)
森 慶介 (もりけいすけ)
(25)
0 いいね数0 件のコメント